読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

friends are strangers

音楽とベースと酒と所沢

CATUNE

 

酒を飲みながらjornal spy effortを聞いている。

今もあるのかわからないけど、僕が高校3年生の頃CATUNEがぶいぶい言わせていた頃だった。

CATUNEといえばnine days wonderのメンバーが作ったレーベルで、ポストロックというジャンルを日本の若者達に知らしめた当時最重要インディーレーベルだった。

耳の早い後輩から教えてもらったtoeのファーストはとにかくびっくりした。何がびっくりって、やはり柏倉たかしのドラムだろうなあ。

一時期彼のドラムがやかましく聞こえた時期もあったのだけど、「toeと海外のポストロックバンドとの決定的違いって、やっぱ柏倉さんのドラムなんだよなあ」と先輩が言ってて妙に納得したの覚えている。

あとは言わずもがなAS MEIAS。ブルビとkularaとゼアイズのスーパーバンドである。当時は一個も知らなかったけど

the shuwaとかも結構好きだったなあ。

でもやっぱり僕はjornal spy effortだ。一番好きだった。

 


JOURNAL SPY EFFORT - Simply - YouTube

 


JOURNAL SPY EFFORT - Finger, Passion, My ...

 

ううむ、今聞いてもかっこいい。最高だ。何だこのギターは。うめえ。そしてこのグルーヴ。

この頃みんなテレキャスター弾いてたイメージがあるけど、キモトさんの音が最高である。僕はストラトの方が好きだけど、彼の音は別格だ。

名前をmirrorに変えて活動しているけれど、やっぱこの五曲入りEPは僕の人生のベストアルバムの一枚である。

 

 青春だ、、青春時代だなあ。

こうやって昔のバンド最高だぜえ!って書くとおじさん臭いが、今のバンドも大好きである。

若い人たちのバンドのdemoとかたまに買って聞いたりするけど、無茶苦茶かっこいいバンドがどんどん出てきている。

今のバンドより昔のバンドの方がかっこいいなんて、あってはならない。

でもいいものは必ず残っていく。そして新しい世代に受け継がれていく。

自分もそんな音楽を作っていきたいなあと思う。