読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

friends are strangers

音楽とベースと酒と所沢

パソコン教室 第3週

このブログ、一日片手で数えられるくらいの人しか訪問しない。いいのだそれで。なぜならほんの近しい友人にしか教えていないから。こっそり始めてマイペースに書いて行きたいのだけれど、友人からもっと更新しろと言われてしまった。なんでやねん。そんなネタなんて中々ないねん。そもそもこのブログを始めたと同時に通いだした「パソコン教室」の記事をもう二回も書いている辺りから察してほしいものだ。もうブログタイトルを「Excelマスターへの道」に変更しようかしら。パソコン教室、、、中々苦戦している。コピーアンドペーストの回あたりから先生が本気を出し始めた。まず前回

「あれれ〜??イワクボさんUSBメモリーの外し方、そうでしたっけぇ〜??」

と若い女講師に言われた辺りから心が折れた。いや別に折れてないし楽しいんだけどね!

授業でも

講師「はい、それではまずここをctrlを押しながらドラッグして〜」

講師「次にそこに画像を挿入しサイズを任意に設定〜」

僕「え、ちょ、なに?今任意っていった?え?」

講師「続いてそこにワードアートの透明アクセント何とか影ありを選び文字を打ちフォントサイズを手打ちで100に設定〜」

僕「ちょちょちょちょちょ!ちょまま」

講師「続いてctrlとPを押して印刷プレビューを開き余白の設定か1ページに納める設定をしてから、、ぺらぺら」

僕「ふんがあああああああああ!!!」(ノートパソコンをつかむ)

僕「せいやあああああああ!!!」(そのままコードごと引きちぎる)

僕「っしゃおらああああああ!!!」(講師の頭に叩き付ける)

 

なあんてことはもちろんしてないのだけれど、全36回の講習で第五回。これでやっていけるのか少々不安である。

しかしいつかなってやる、俺はなってやるんだ、Excelマスターに。そして若い石原さとみ、、いや今野杏南似の新入社員に言ってやるんだ

僕(55歳)「ん〜??君ね〜、若者なのにExcelも使えんのかね〜?」

僕(55歳)「君ね〜、Excelも使えないって大学でなぁぁぁにを学んできたんだねぇぇぇ?」

僕(55歳)「あれかね?テニスサークルで男を手玉に取る方法かねえ?あ?男の悦ばせ方ばかり学んできたのかね??」

僕(55歳)「だいたいね〜、、、なんだねその、挑発的なぴっちりパンツラインは〜?」ケツをガシッ

僕(55歳)「んんん〜?なんだねその目は〜?Excelも使えない君の唯一の得意分野なのだろううう〜?」

僕(55歳)「Excelも使えないんだから上司の機嫌の一つでも取ってみたらどうかね〜?カチャカチャ」ベルトを外す

 

やめておこう。

何を書いているんだ俺は。途中から死にたくなってきた。ご先祖様に顔向けができん。むしろ親が見たらどうすんだ。

パソコン教室以外にも、年上の友達達がうちに飲みに来たり、大阪から帰ってきた友達と「テリー×キン肉マン」のカップリングについて熱く語ったり(ウォーズマン×ロビンマスクも熱い)、会社の人と人生初のスノボ行ったり(二万回転けた)と中々濃厚な日々を過ごしているのだけれど、それはまた別のお話、、、。


Rebel One Excalibur 2 - YouTube

 

今一番大好きなバンド。かっこいいな〜、CDも最高。ジーザスリザードとか好きなんだろうな〜