読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

friends are strangers

音楽とベースと酒と所沢

ナザール君

何を隠そう(誰に)僕はひどい鼻炎持ちである。

ハウスダスト、ネコ、花粉もろもろに対して強烈なアレルギー反応を起こす。どれくらいひどいかというと、鼻に詰めたティッシュが一分でびっちょりになる。普通に横になっているだけでも鼻水が出る。最終的にはブリッジみたいな体制で頭を逆さまにしないと鼻水はどんどん垂れてくる。そのうち喉がぐるぐる言い出し軽い喘息みたいな状態になり、頭痛までしてくる。常人が一年間で出す鼻水を僕は半日で出せる自信がある。全国鼻水の量選手権があったらかなり上位に組み込める自信がある。

鼻水、、、この言葉だけでマヌケである。涙は時に美しい。「涙を流す女」ってだけでストーリーが生まれそうだが、鼻水は365日24時間一瞬たりともそんな瞬間はない。「鼻水が垂れている女」なんてどんな美女でも台無しである。

僕と鼻水の縁は深い。少年時代気づけば鼻水を垂らしていた。小学校でも常にポケットは鼻水をかんだティッシュでパンパン。それを学校の教室に捨てると皆にバカにされそうで、こっそり休み時間トイレに行ってティッシュを捨てていた。鼻が詰って常に息苦しい毎日。でもそんな僕に革命が起こる。

点鼻薬との出会いである。

 

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」(ポンプ) 30mL

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」(ポンプ) 30mL

 

 

これはびっくりした。今までずーーーっと詰まっていた鼻が、すーーっと通るじゃああーりませんか。おい!誰だよ!こんな便利なもん発明したやつ!褒美をやる!

おかげで僕の鼻炎の悩みは四割くらいは解決されたのだが、この点鼻薬がないと生活できなくなってしまった。別に鼻炎がひどくない時でもバックかポケットにこの薬が入っていないと落ち着かないのだ。おかげで常に三本はストックしている状態。完全なジャンキーである。なんでも世の中には点鼻薬中毒と呼ばれる症状に苦しむ人がいるというが、僕ももしかしたらその一人かもしれない。

 

なんでこんな鼻水のことでブログを書いているかといえば、昨日今日とスギ花粉が本気を出し過ぎて僕は完全にノックダウン状態にあるからである。そう、要は辛いのである。ただの辛いアピールなのである。

このブログ開設以来もっとも意味の無い記事になってしまった。まあ今までの記事に意味があったとは思えないけど。

皆さん、花粉症の人には優しくしてください。

 


Kids Explode - 2 Hour Flight - YouTube

 

shokeiとのスプリット最高だったなー。