読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

friends are strangers

音楽とベースと酒と所沢

最近話題の貴水博之とaccessの名曲達について

f:id:taichi0703:20150617201124j:plain最近有吉反省会に登場し、「おもしろおじさん」として急に話題になった貴水博之貴水博之といえばaccessのボーカルとして有名だ。

access、、、皆さんはご存知だろうか。浅倉大介貴水博之の90年代半ば活躍していた二人組ユニットである。彼は僕が中学生の頃の憧れのミュージシャンの1人だった。簡単にaccessについて書いてみよう。浅倉大介(大ちゃんとファンは言う)は元々YAMAHAのシンセ開発部門に勤めていたと聞いている。そこからキーボードプレイヤーとして、TM NETWORKのサポートメンバーとなりミュージシャンとなる。QX3というシーケンサー高橋名人ばりの超スピードで楽曲を打ち込むことで一部有名な彼だが、順調にキャリアを重ねながら92年に発表したソロアルバム。そこにゲストボーカルとして参加したのがハイトーンな歌声と甘いマスクを持つ貴水博之(ヒロ)だった。彼らは二人でユニットを結成。三枚のオリジナルアルバムを作り、紅白にも出たりと大人気ユニットとして世間を賑わせた。今では美輪明宏みたいな風貌になってしまった浅倉大介だが、当時は幼さが残る美少年。対して貴水博之はやたらチャラチャラしてて何かと歌いながら腰を降るとてもホモ臭いユニットで、当時の女性ファンはさぞかし妄想を膨らませたことだろう。現に曲の合間に二人がキスをするようなパフォーマンスがあった。まあ西川貴教にあんな格好させてたくらいだからなあ、、、。活動期間は短く、解散してから浅倉大介はプロデューサー業で華を咲かせたものの貴水はソロで泣かず飛ばず。たまに「THE 夜をヒッパレ 」に登場しては「 うお!貴水博之やんけ!」と密かに僕を興奮させたが、あまり露出も無かった。

とにかくそういった経緯を知っているファンとしては今回貴水博之がフィーチャーされ出したことは何か感慨深いものがあるのだ。つい嬉しくなってaccessを聞き返したりしていた。今回はそんなaccessのオススメの曲をライブ映像をまじえ紹介したいと思う。浅倉大介「 弾くよ〜?弾くよ〜?!キーボード弾いちゃうよ〜??!!」なパフォーマンスにも注目して欲しい。

 


access- [live] look-a-head - YouTube

まずは1stのラストを飾るこの曲。ライブではお馴染みのナンバーで、歌詞に「just you! access!」っていう言葉が出てくる辺りライブでファンと一緒に歌うことを考えて作られた曲だと思う。ヒロのとんでもないハイトーンボイスが特徴的。中盤の浅倉大介のキーボードソロもかっこいいアゲアゲ☆な曲。

 


access- [pv] Misty Heartbreak - YouTube

 アニメ「ジャングルの王者ターちゃん」で覚えている方も多いと思う。三枚目のアルバム、後期accessの名曲の一つ。イントロのフレーズがかっこいい。

 


access- [live] Naked Desire - YouTube

 セカンドアルバムの二曲目。夏を感じさせる一曲。これは多分2002年の再結成後のライブ映像だけど、この頃からヒロのホスト化がもう止まらない。なんだこのチャラ男は。誰だお前は。でも彼の声はそのまま。貴水博之は歌詞も書いているんだけど、なかなか凄まじい歌詞を書く。この曲の二番の「君にダンクショット!!!」access史に残る屈指の名フレーズだと思う。

 


Access - Scandalous Blue [live] - YouTube

 後期の名曲スキャンダラスブルー。曲の最後ではファン垂涎のヒロと大ちゃんのキスパフォーマンスが見られる。僕は中学生の頃これをビデオで見たせいで、男同士の禁じられた恋の歌にしか聞こえなくなってしまった。そういった意味で思い出深い曲。

 


access - DECADE & XXX - YouTube

三枚目のアルバムのラストを飾るのがこの曲。アクセスは90年代に三枚オリジナルアルバムを出したが、アルバム最後の曲はどれも名曲が多い。特にメロディーがすごくツボだ。

 


[LIVE] access-夢を見たいから - YouTube

accessはバラードも素晴らしい。これは特に有名な曲で「夢をみたいから」。たけしの平成教育委員会のED曲。

 


access - EDGE - YouTube

2002年再結成後に出したシングル。個人的にこの頃が一番ビジュアルがカッコいい。そしてこの曲。当時流行っていたトランスサウンドに熱いディストーションギター。展開は少ないし七分と長尺なのに飽きない名曲。MOTIFとか懐かしいな、、!

 

 

 

 以上でございます。access知らなかった人は貴水博之がただのおもしろおじさんでないことを分かっていただけただろうか、、。ちなみに貴水博之は僕の職場の近くにある高校が出身校である。

今でもライブをやっているようで、果たしてどれくらい集客あるのかはわからないけど、やっぱり彼らは僕のヒーローだ。浅倉大介の作るメロディーって本当に好きなんだよなあ。迷い無く大好きなミュージシャンの1人に上げられると思う。一度でいいからライブで見てみたい。